ヨガウィング&整体シルクの日比アキコ

日比アキコ


整体師 

整体ヨガ講師
井本整体認定体操指導者
全日本ノルディック・ウォーク連盟公認指導員
健康包括支援協会 嗅覚反応分析士

Profile プロフィール

身体がしてくれていることに感謝!

あなたが身体と仲良くなるための 

interpreter(通訳者)になりたい!

みなさんは、「痛いところが悪い!」と思っていらっしゃることでしょう。そして「どうしてこんなことに…」と悩まれていることだと思います。

私も長年わけのわからない痛みや症状に苦しめられ、「どうして私だけ!?」と苛立ったり、落ち込んだり、不安になったり…。私を苦しめるだけの身体を恨んだりもしました。

でも、身体の仕組みを知って、身体がしてくれていることを理解してからは、同じ症状でも前向きに気持ちが変わりました。

身体はお互い助け合って働いています。うまく働かない部分があると、他の部分が補います。胃が不具合なら腸が代行したり、左の腕や肩が動きにくいと右半身がその分フォローします。過剰な労働が疲労となり、「今大変!」というサインを「痛み」として私達に送ります。時には「ちょっと休んで!」と動けなくしたり。だから腸が悪いわけでもないし、右半身がおかしいのではないのです。すべてあなたに良かれとした結果で、あなたを苦しめようとしているわけではありません。

 

身体の仕組みを知って、身体からの声が聞ければ、今の痛みが何をした結果なのかがわかり、変な不安や怒りもなくなり、何をすれば良いのかもわかって、症状の見え方も向き合い方も違ってきます。さらに小さな声にも気付いてあげることができれば、ちょっとの修正で、将来大事になる事を防げるのです。

 

身体は一生付き合うベストフレンド。整体師として身体を変えるのはもちろんですが、身体のinterpreter(通訳者)として、「ずっと元気でいられるために、身体との良い関係を築く」きっかけをつくることができればこんな嬉しいことはありません。

1995~

2002~2010

2010~現在

2005.5

2012

2012.7

2013.5

2017.5

2018.11

渡邊ヨガスタジオのヨガ講師を勤める。
川越市、狭山市、入間市で講師をする。

ヨガを教えるかたわら、井本整体に入門。井本邦昭氏に師事。

整体学、人体力学、東洋医学を学ぶ。

井本整体認定体操指導者取得。

心養健友会白井直樹氏に学ぶ。

​***

入間市仏子に ”studioメイシェンティ” をオープン。オリジナルの整体ヨガ教室と整体施術を始める。

入間市藤沢 ” サロン・de・Myu`s ” にて整体施術室 ”Silk” をオープン。

「きれいになる!」講座。メイクアップアーティスト、スキンケア講師とコラボの企画開催(都内大井町にて)

入間市ジョンソンタウンにヨガ教室を移転。”Yogawing”をオープン。

全日本ノルディック・ウォーク連盟公認指導員となる。

健康包括支援協会(旧 サードメディスン)嗅覚反応分析士の資格を取得。

 

about me

1958年10月10日生まれ。

​出身地なし?

父親が自衛官のため転勤族。ほぼ2年ごとに転勤をしていたので、故郷はどこになるのでしょうか?幼稚園3回、小学校5回、中学2回、さすがに高校からは父親だけが転勤していましたが、今思うと母は忙しかったと思います。場所はほぼ、東京、埼玉と岐阜、愛知を行ったり来たりでした。もっといろんな場所へ引っ越ししたいなあ、といつも思っていました。

私もずっと不健康でした

実は私は若いときからずっと不健康、そしていつもどこかが痛い、という状態でした。

肩こりなんて、幼稚園の年長さんから。病院では、「大人の真似をしているだけだ」と言われましたが、でも本当に痛かったので悲しかったです。

 

その後も、低体温、低血圧、生理不順、冷え性、ひどい便秘、風邪を引けば体温が低下し、顔色はいつも悪いと言われる…肩こりだけでなく、股関節がむずむずしたり、踵がとっても痛かったり…

 

高校は水泳部でしたが、先輩からは「すぐ上がれ」とよく言われました。顔色悪かったんでしょうね。でも体力もあったし、強かったんですよ。(ちなみにバックが専門で、フリーのリレーで県大会まで行きました!ちょっと自慢)

 

落馬で人生変わる

小さい頃から夢だった乗馬を20歳からスタート。

実は乗馬がやりたくて学習院へ入ったのですが、馬術場は大学のキャンパスにあり、練習はおもに昼間。実は当時流行の(?)女子短期大学に入ったので、大学までの移動も大変だし、第一、授業中にクラブ活動なんて、単位が厳しい短大生には無理でした!

その後地元に馬主さん達がやっている小さな乗馬クラブを発見。1年粘ってやっと入れてもらえました。

結局よくさぼって練習に行ってしまうのですが、始めて一年半、はじめての落馬を!(これは自慢にならないのですね。)

当時見つけるのが大変難しかった“前十字靱帯剥離骨折”という珍しい骨折で、手術をしました。

当時22歳。半年以上の療養生活でした。

膝で大変権威のある先生に診て頂いたお陰と、見つけるのがぎりぎりのタイムリミットだったという幸いに恵まれました。
 

これを機に花のOLを辞め、当時作りためていた動物のお人形で個展を開くことになり、そこでオルゴール会社にスカウトされてデザイナーへと転身しました。

 

そのデザイナー生活が過酷過ぎて、ますます体調が悪くなりました。
脚の怪我で身体が歪んだせいもあり、もう、内臓が悪いのか、筋肉が痛いのか…それすらもわからない。

 

6年ほどでデザイナー生活も辞め、その後結婚。体調も相変わらずだったとき、ヨガを勧められました。

ヨガは師匠の「やれば良くなる」の言葉に従って、インストラクターにもなりがんばったのですが、一生懸命ポーズをとっても、相変わらず。不調が増すばかりか、不思議な症状までではじめて、もう暗闇のどん底にまっしぐら!という感じでした。

 

ヨガへの疑問から整体へ

本当にポーズには魔法のような力があるのだろうか?
自分の身体も良くできないのに…生徒さん達の、腰痛、肩こりの悩みを解決することが出来るのでだろうか?

 

そんな思いで悩んだ末、実際身体を診て、変えている、井本先生の著書と巡り会い、感動!すぐに井本整体の門下生となることを決めました。

 

整体で学んだこと、私にはストンと腑に落ちることばかり。
この症状って、こんな原因があったのか!!ここの影響でこんなところが痛くなるのか!!学ぶことが面白くて、ついでに整体の施術の技術を学んでいるようなものでした。(実はこの技術にも驚かされることが続出し、やがて夢中になってしまうのですが)

 

患者さんが自立するために指導する「整体体操」は思ってもいない収穫でした。
本で読んでやっても、な~んでもない動き、簡単な体操?なんですが、きちんと焦点を合わせてしどうされると、もう、たまらなくきつくて、終わった後に「変わった!」が実感できるすごい体操。
そうなんです!形ばかりのポーズでは何も変わらない!その理由がわかりました。
今まではやみくもに形だけのポーズを追って、余計な疲労と歪みをつくっていたのでした。

 

これはたくさんの方に体験してもらいたい、生徒さん達も良くなるに違いない!と確信しました。この体操、見た目はヨガに似ているので、“整体ヨガ”と名付け、体操指導者に認定されたのを機に整体ヨガ教室を始めました。

 

きれいになる事も発見

整体で学んだことはたくさんありますが、身体が整うと姿勢も自然にきれいになる!ことも素敵な発見でした。
素人目にも肩こりの人って様子(シルエット)でわかりますよね。肩こりがなくなるということは身体のバランスが良くなって本来の姿=きれいな姿になるということなんです。

だからせっかくおきれいなのに、不調があるだけでもったいない姿の方がいっぱいいらして、楽になるということでけでなく、みんなきれいになれるということにも気づいてもらいたい、と思いました。だから整体だけでなく、さらにきれいに見える秘訣も盛り込んだ整体を、と思い、整体ヨガ教室+整体を始めたのです。

 

不調がいっぱいでやっかいな私の身体。ずいぶん遠回りもしましたが、そのお陰でたくさんの技術と知識を学ぶことが出来ました。

私のように長い間苦しまなくても、一人でも多くの方に早く楽になってもらいたいし、きれいになってもらいたい。お薬もお化粧も使わない本物のきれいになってもらいたいと思っています。
思わず出る、あなたの「変わった!」と笑顔。これがわたしにとって、何より幸せな瞬間なのです。

整体ってすべてにいいな

7年前、35年ぶりに、もう二度とやるまいと思っていた乗馬を再び始めることに。

驚いたことに、以前よりうまくなっているし(個人の感想です)、インストラクターの指導(言っていること)がよく分かる!これって整体をしていたお陰?

山登りも、以前は足慣らしの登山が必要だったのに、いきなり山でも大丈夫。脚がぐいぐい上がったり、体力もついているのは、これも整体のお陰?

そうなんです。口では「身体の使い方はどのスポーツも同じ」と生徒さんに言っていますが、本当にそうなんだ、と自分で実感。もちろん、分かっていても、揺れる馬上じゃできないよ~ということもありますが、整体にのめり込んだこの数十年、他に何もできなかった年月も、まんざら無駄ではなかったな、と思っています。

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

080-3548-3707

施術中は電話に出ることができません。メールでのご連絡をお薦めします。