• 日比 アキコ

春の花粉症のわけ

更新日:8月30日

こんにちは。


キレイと健康はイコール。


姿勢美人を目指せ!


入間市の"ヨガウィング&整体シルク"の日比アキコです。


クリスマスローズが咲きました。

春の花
私の好きなクリスマスローズが咲きました

クリスマスの頃に咲くのかなあ、と思っていたら今頃なんですね。



新芽が動き出す時期となりました。


春は色々なものが動く季節。


虫が動き出し、動物は冬眠からさめ、


雪も溶け出す。


あなたの身体でも起きていませんか?




ひとつは花粉症。


鼻がムズムズ、くしゃみが出たり、鼻水が垂れたり、


喉がかゆかったり、目もかゆくなる。



杉花粉が原因とされていますが、


その国によって、アーモンドの花とか、ミモザとか、家畜の毛(冬毛から夏毛への抜け替わり?)だったり…


春に目につくものが言われるようです。


ディーゼルの排気というよりは、花粉の方が春らしいですかね。




春の花粉症は、冬の身体から脱皮するための排泄反応と言われています。


整体では、背骨が腰椎4番から緩み始めリフレッシュするとき、


うまくリフレッシュできない部分を揺する感じ(刺激)で、


鼻水やくしゃみがあると言われています。


ず~と上まで、頸椎までリフレッシュするので、


頭がぼ~としたり、精神的に鬱になる、5月病まで、


春の脱皮症状に含めます。



なぜ脱皮する必要があるかといえば、


冬にため込んだ脂肪分など不要なものを排泄して、身体の調子を整えるためです。



それはどうして?



というと、繁殖のため。


繁殖は、生き物の重要な使命です。


生き物はほぼそのために生きています。


春から行われる、子孫を残す繁殖行動のために、


動物たちは身体を内側からきれいにしておくことが重要なんです。



…といっても人間は四季を通して快適に過ごせるような環境作りをしたので、


今はほとんど(まったく)繁殖期なるものはなくなりましたが、


動物としての反応は残っているようですね。


閲覧数:8回0件のコメント